良質な脂質は健康にプラス

| 基本知識 |

「脂肪の吸収を抑える」というトクホのウーロン茶など健康茶がありますが、なかなかの売れ行きだそうです。

みなさんおいしいものは食べたいけれど、体に脂肪がつくのは嫌なのでしょうね。

でも、脂肪ってそんなに悪いものなのでしょうか。

脂肪とは正確には中性脂肪のことですが、中性脂肪は人間の体ではエネルギー源となったり、体脂肪となってクッションの役目をしています。

つまり、きちんと役目を果たしているわけです。

ただし、私たちの体が必要としている量以上に中性脂肪が蓄積するとよくないのです。

一般に、高脂肪な食事、例えば焼肉や揚げ物、とんこつラーメンなんかは太る食べ物というイメージがあります。

たしかに、こうした高脂肪な食事ばかりを続けていれば、肥満の原因にはなりますし、脂肪が体に必要以上につくのはよくありませんが、だからといって食事の油脂類、脂質を極端に控えるのは間違いです。

脂肪がすべて健康に悪いというものでもありません。

悪玉コレステロールが気になる方も、脂肪のとりすぎに注意は必要ですが、極端に脂肪を控えるのは間違いです。

脂質にはさまざまな種類があり、健康を害するものもあれば、健康にプラス効果をもたらすものがあります。

健康を害するもの、できるだけ控えたいのが、菓子やパン、加工食品などに多く使われるショートニングです。

ショートニングは、植物油に水素添加して、常温でも固形を保つように加工したものです。

米国やヨーロッパ諸国ではトランス脂肪酸を含んでいるとして禁止しているほどです。

また、使い古しの油や古い揚げ物なども酸化した油が健康に良くありません。

次に食べすぎに注意は必要ですが、それほど心配いらないのが肉類の脂肪です。

脂身の多い肉類は健康によくないというイメージがありますが、食べ過ぎなければ問題ありません。

肉類は良質なたんぱく質を含んでいますから、必要以上に避けることなく上手にメニューに取り入れましょう。

そして積極的にとりたい脂質が魚に含まれる脂質です。

魚の脂質にはさまざまな健康効果が確認されているDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。

DHA EPAは、血液をサラサラにする、血栓症の予防と改善、脳機能の活性化、アレルギー症状の緩和、高血圧の改善などさまざまな健康効果が確認されています。

DHAサプリの効果
DHAとEPAを手軽に摂取できるサプリメントなども利用されると魚の調理が面倒という方や、魚が苦手という方でも魚の健康成分を上手に補うことができるので、おすすめです。