» 2017 » 3月のブログ記事

良質な脂質は健康にプラス

| 基本知識 |

「脂肪の吸収を抑える」というトクホのウーロン茶など健康茶がありますが、なかなかの売れ行きだそうです。

みなさんおいしいものは食べたいけれど、体に脂肪がつくのは嫌なのでしょうね。

でも、脂肪ってそんなに悪いものなのでしょうか。

脂肪とは正確には中性脂肪のことですが、中性脂肪は人間の体ではエネルギー源となったり、体脂肪となってクッションの役目をしています。

つまり、きちんと役目を果たしているわけです。

ただし、私たちの体が必要としている量以上に中性脂肪が蓄積するとよくないのです。

一般に、高脂肪な食事、例えば焼肉や揚げ物、とんこつラーメンなんかは太る食べ物というイメージがあります。

たしかに、こうした高脂肪な食事ばかりを続けていれば、肥満の原因にはなりますし、脂肪が体に必要以上につくのはよくありませんが、だからといって食事の油脂類、脂質を極端に控えるのは間違いです。

脂肪がすべて健康に悪いというものでもありません。

悪玉コレステロールが気になる方も、脂肪のとりすぎに注意は必要ですが、極端に脂肪を控えるのは間違いです。

脂質にはさまざまな種類があり、健康を害するものもあれば、健康にプラス効果をもたらすものがあります。

健康を害するもの、できるだけ控えたいのが、菓子やパン、加工食品などに多く使われるショートニングです。

ショートニングは、植物油に水素添加して、常温でも固形を保つように加工したものです。

米国やヨーロッパ諸国ではトランス脂肪酸を含んでいるとして禁止しているほどです。

また、使い古しの油や古い揚げ物なども酸化した油が健康に良くありません。

次に食べすぎに注意は必要ですが、それほど心配いらないのが肉類の脂肪です。

脂身の多い肉類は健康によくないというイメージがありますが、食べ過ぎなければ問題ありません。

肉類は良質なたんぱく質を含んでいますから、必要以上に避けることなく上手にメニューに取り入れましょう。

そして積極的にとりたい脂質が魚に含まれる脂質です。

魚の脂質にはさまざまな健康効果が確認されているDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。

DHA EPAは、血液をサラサラにする、血栓症の予防と改善、脳機能の活性化、アレルギー症状の緩和、高血圧の改善などさまざまな健康効果が確認されています。

DHAサプリの効果
DHAとEPAを手軽に摂取できるサプリメントなども利用されると魚の調理が面倒という方や、魚が苦手という方でも魚の健康成分を上手に補うことができるので、おすすめです。

悪玉コレステロールが気になる方は、栄養バランスを考えて自分で食材を選び、自分で調理して食べるのが理想です。

でも、忙しいビジネスマンにはなかなか難しいものですよね。

朝はギリギリまで眠っていたい。

朝食は食べずにコーヒーを飲むだけ。

バナナやヨーグルトだけでも口にできるといいのですが、それすらも難しいという方もいらっしゃるでしょう。

でもやっぱり悪玉コレステロールを下げるためには、3食きちんと栄養ランスを考えた食事が不可欠です。

1日に必要なカロリー量、栄養素を3回に分けて食べるというのが基本です。

お昼は弁当持参という方も増えているようですが、どうしても外食が多いという方は、一品物ではなく、主食と主菜、副菜、汁物などがそろった定食類を選びましょう。

短時間で手軽に空腹を満たせるものは避けてください。

ファストフードやチェーンの外食産業の一品料理は、脂質と糖質に栄養バランスが傾きがちです。

伝統的な和食を意識した定食、例えば、ごはんと味噌汁に焼き魚、ほうれん草のおひたしと納豆、または冷ややっこといったメニューであれば、理想的な昼食となります。

ごはんをおかわりすると糖質のとりすぎとなりますから、お茶碗に軽く1杯にしておきます。

野菜のおかずから食べ始め、ゆっくりとよく噛んで食べることで、お茶碗軽く一杯でも腹八分の満足感が得られるはずです。

この程度の量の食事で満足できないという方は、普段の食生活に問題があると考えられます。

悪玉コレステロールの数値異常をはじめとする、脂質異常症や糖尿病といった生活習慣病の大きな原因のひとつは暴飲暴食。

つまり食べ過ぎ、飲み過ぎです。

必要以上に食べ過ぎる、飲み過ぎるから、体に異変が起こるのです。

「必要な栄養を必要なだけ」が基本ですが、おいしい食事は人生において大きな楽しみの一つです。

医師から厳しく食事制限を指導されているという方でなければ、あまり神経質にならずに、たまには食べたいものを食べるということもいいでしょう。

極端に食事制限をしてストレスとなってしまっては本末転倒です。

今日はちょっと食べすぎたかなと思ったら、翌日の食事を控えめにするなどある程度のスパンで、調整しながら長い目で見れば、健康的な食生活を送っているという状態にしていきましょう。